プロアスリート、CBD(カンナビジオール)の摂取が可能に
プロアスリート、CBD(カンナビジオール)の摂取が可能に

プロアスリート、CBD(カンナビジオール)の摂取が可能に

2017年9月29日に世界アンチドーピング機構(WADA)が発表した「2018年禁止表国際基準」からCBDが除外された。従来は天然及び合成カンナビノイド(カンナビジオール)は禁止物質指定を受けていたが、「但し以下のものは除く: カンナビジオール」という記載が加わったのだ。

既に海外ではCBDの効果を体感して、公言するアスリートも

日本ではまだCBD自体馴染みが薄いが、アメリカのように開けている市場においてはCBD摂取を公言している有名人も少なくない。有名なのは総合格闘家のネイト・ディアス氏。2016年の試合後の記者会見において傷で腫れ上がった顔でヴェイプ・ペン(ペン型の蒸気発生デバイス)を吸いながら「これはCBDだ。自然治癒や炎症を抑えるとかそんな感じのことに役立つんだ」と話す姿は各所で話題になった。(ちなみにディアスはこの試合でコナー・マクグレガー氏に敗北している。CBDは万能ではない。

ただし注意する必要があるのは引き続きTHCは禁止対象物質であるということ。市販されているCBD製品の中にはTHCが含まれているものも存在するので、もしこれを読んでいるあなたがCBD摂取を検討しているアスリートなら、確実にTHCが含まれていない製品を入手するよう心がける必要がある。

日本での環境整備は進むのか

格闘家のみならず競技の第一線で戦っているアスリートは日々物理的・精神的な痛みに悩まされているだろう。鎮痛剤や精神安定剤の代替としてCBDが摂取できるようになることはディアス氏のみならず多くの人にとってうれしいニュースだろう。禁止表から除外されたのは精神作用が無いことや依存性・乱用性が認められないことが近年の研究で明らかになってきていることと無関係ではないだろう。

今回のWADAの決定は世界的なCBDに対する理解が深まったことより起こっている流れに同調した形だ。競技の世界では国内にとどまらずあらゆる地域へ飛びその地域で戦って、そして勝つことが求められる。そのようなグローバルな競争環境において、アスリートにとってプラスの効果が期待できる物質を他国と同じレベルで入手できることも重要になってくるのではないだろうか。

2020年の東京オリンピックみたいに世界中のアスリートが大人数日本に集まるイベントもそうだが、おそらく毎日のように世界中のアスリートが日本でたたかっているだろう。そういう環境の中で基準の違いによって日本で取締りの対象となってしまうような選手がでてこないような環境整備を一日でも早く進めるべきだろう。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます