大麻(Weed)について考えを変えた理由-サンジェイ・グプタ
大麻(Weed)について考えを変えた理由-サンジェイ・グプタ

大麻(Weed)について考えを変えた理由-サンジェイ・グプタ

本人は否定するかもしれないが、2013年にCNNの医療担当記者のチーフでもあるサンジェイ・グプタ博士が”Why I Changed My Mind on Weed(大麻について考えを変えた理由)”の記事で語った、調査を通じて自分がアンチ大麻から大麻賛成派に意見を改めた経緯が一般に与えた影響ははかりしれない。

サンジェイ・グプタ博士が大麻について考えを変えた理由

グプタ博士自身も神経外科医であり、ヒラリー・クリントンのアドバイザーとしてホワイトハウスのフェローに過去選任されたり、いくつもの医療機関で要職に就いているが、CNNの医療担当記者としていくつものエミー賞を受賞していることで有名である。

彼は2009年のTIME誌に”Why I Would Vote No on Pot(大麻に反対票を投じる理由)”という記事を書いており大麻に反対する理由を述べていたが、一転CNNの記事では「謝罪したい。

十分調査で深堀せずに、他国のすばらしい調査結果に目を向けず、そして実際カンナビスによって症状が改善した多くの人々の声に耳を傾けなかったことを謝罪したい。」と述べている。

なおグプタ博士はマリファナ全般について述べているが、アメリカの規制物質法上では産業用ヘンプとマリファナは同じ扱いを受け、その抽出物であるCBDも同じ扱いを受けている。

マリファナは濫用の危険性もなく、治療効果に対する医学的根拠もある。

彼は以前大麻反対派であったときはDEA(アメリカ麻薬取締局)がマリファナを一番厳しいスケジュールI薬物として指定していることに注目し、当然スケジュールIの要件である”濫用の危険性があり、治療の為の医学的用途がない”に対する科学的根拠があると想定していた。

ただ実際は上記の要件に対する科学的根拠はなく、むしろマリファナは濫用の危険性もなく、治療における効果に対する医学的根拠もある。さらに言うならば、人によってはマリファナしか効かないケースもある。

Charlotte Figiはいいケースで、生まれてまもなくから発作を起こすようになり、3歳になるころには7種類の薬を摂取していたにも係らず毎週300回ほど発作を起こしていた。

医療用大麻は彼女の脳を落ち着かせて、発作を月に2-3回レベルまで落ち着かせることに成功した。

博士は自身でCharlotteのような患者に直接接し、医療業界に身を置く者として患者にとって一番よい療法を提供する重要性を感じだと述べている。

元々アメリカでは1970年に薬物の製造・濫用を規制する目的で規制物質法が策定されているが、規制する科学的根拠がベースになっているというよりは、規制の対象とならないような根拠となる調査が不足しているためスケジュールIにカテゴライズされ、現在もされ続けている。さらにこの法律があるために調査自体を行うハードルも依然として高い。

グプタ氏は大麻の効能等についてのドキュメンタリー番組「WEED」というシリーズを撮っており医療機関従事者や患者、その家族との対話を通じて大麻の有用性を伝えている。初回は2013年に放映され、現在第3弾まで放映されている。

上記の動画は英語ではあるが、こちらの番組はCBD、THCについての基礎的な説明及びこれらを医療においてどう活用しているか説明している。

世界的に広がりをみせつつある。

大麻をとりまく環境は規制・調査結果・ユーザー体験(効果)・産業が互いにからみあいつつも世界的に広がりをみせつつある。

大麻についてはTHCの効能やCBDと組み合わさったときの効果も認められ医療の現場での利用も進んでいる。一方で精神作用をおよぼす物質であるため、CBDのように精神作用を及ぼさない物質のほうがより幅広い利用が期待できる。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます