その他
アメリカ初のCBDヴィーガンカフェ?NYで大人気な「By CHOLE」がマリファナビジネス参入

アメリカニューヨークで注目されているヴィーガンカフェ「By CHOLE」はマリファナ食品市場に参入しました。「By Chloe」では 9 月 27 日から、期限限定シリーズ「Feelz by Chloe」として、大麻由来のCBD成分を配合したメニューを期限限定提供しています。新メニュー発売とともに、傘下のデザ...

 
知識
依存症治療のためのCBD利用

最近、CBDがてんかんや慢性痛などに効くというニュースをよく目にする。特に、Epidiolexの登場でCBDの実用性が政府機関に認められたことは大きい。さらに、依存症治療のためにCBDを利用する効果も研究されている。 依存症に対する自然治療法としてかなり期待されている。 依存症とは、お酒やタバコ、麻薬などを摂...

 
知識
ベイプ(Vape)の市場成長とCBDの利用増加の深い関係

ECigIntelligenceの調査により、米国のベイプ(吸入)の市場成長と現在のCBD利用増加は深くつながっていることがわかった。 CBDの主な摂取方法 CBDには主に3つの摂取方法がある。具体的には、局所適用(クリーム、シャンプー等)、経口摂取(グミ、オイル等)、とCBDVapeリキッド吸入の3つである...

 
CBDユーザー
深刻な湿疹に悩む女性にCBD Vapeが効果発揮

友達と一緒に出掛けることも出来なく、仕事に行くにも弊害が出るほど深刻な湿疹に悩んでいた女性がCBDオイルの使用によって劇的に症状が改善した。スコットランド人女性、シェリル・ハリバートン(27歳)はCBDオイルの恩恵を受けた一人である。 湿疹に悩んでクリームや薬も効果がなかった 子供の頃から湿疹に悩んでいたシェ...

 
ニュース
米国:BIG3スポーツ団体がCBD使用を認める

アメリカのBIG3スポーツ団体(3対3のバスケットボール競技団体)は7月にCBDの使用を認める発表を行った。プロスポーツリーグの中では、初めてCBDの使用を正式に認めた形になる。CBDは精神作用がなく、体の痛みや炎症を抑えるために使う人が多い。 CBDを規制対象からが除外している 大学のスポーツやプロスポーツ...

 
CBDユーザー
毎日100回てんかん発作に苦しむ少年、CBDオイルで快方に

難治性のてんかんを治療するために、イギリスに住んでいるビリー・コールドウェル(11歳)は2016年に、アメリカでCBDオイルによる治療を開始した。治療前はてんかん発作に少なくても毎日100回苦しめられていましたが、ビリーの母親によると、2017年9月現在、治療開始以降300日間発作は起こっていない。またビリー...

 
知識
ここ1年で大きく変わったイギリスのCBD事情

アメリカのCBD及び大麻事情については本サイトでも触れているし、巷にもたくさん情報がある。今回はイギリスの事情にスポットライトをあててみる。 というのもUKではCBDについてはここ1年で大きく変革を遂げたのである。2016年の10月にイギリスのMHRA(Medicines & Healthcare p...

 
知識
一般の人は大麻をどうとらえているのか?ミシガン大学による調査

テレビ等で見る大麻開放に関する報道を見ると偏りがあると思うが正直いいイメージを持ちづらい。どうしてもヒッピー的な人達が(背景となっている開放させたい実際の意図は別として)医療目的を盾に娯楽目的で吸いたいために騒いでいて、言動にも不安をおぼえる。そんなイメージが普及してるからまわりの人に大麻合法化について意見を...

 
ニュース
EpidiolexはCBD普及に一石を投じることができるか

2017年12月28日に英国ケンブリッジに本拠地があるバイオベンチャーGW Pharmaceuticals plc(Nasdaq:GWPH、以下「GW社」)が天然大麻草由来のCBDから作られているEpidiolexがアメリカ食品医薬品局 (FDA)より提出していた新薬承認申請書が優先審査品目として受理されたこ...

1 2 3