一般の人は大麻をどうとらえているのか?ミシガン大学による調査
一般の人は大麻をどうとらえているのか?ミシガン大学による調査

一般の人は大麻をどうとらえているのか?ミシガン大学による調査

テレビ等で見る大麻開放に関する報道を見ると偏りがあると思うが正直いいイメージを持ちづらい。

どうしてもヒッピー的な人達が(背景となっている開放させたい実際の意図は別として)医療目的を盾に娯楽目的で吸いたいために騒いでいて、言動にも不安をおぼえる。

そんなイメージが普及してるからまわりの人に大麻合法化について意見をうかがう機会がなかなか無い。

「健康的に年を重ねる」世論調査

日本ではまだ大麻合法化についてのイメージ調査が実施されるようなステージには無いと思うが、連邦レベルと州レベルで合法性についてのスタンスに相違があるアメリカで興味深い調査結果が発表された。

ミシガン大学主催のNational Poll on Healthy Aging(「健康的に年を重ねる」世論調査)において4月に「中高年層(50~80歳)の医療大麻についての意識」という内容の調査結果が発表された。

医者が薦めるなら許容できるし、さらに調査されるべき-

必ずしもネガティブなイメージではない。むしろ積極的にいいものなのであれば取り込みたいというアメリカならではの実利的な姿勢がうかがえる。いくつかの項目について詳細にデータを見てみよう。

大麻の効能について: 31%が確実に鎮痛効果があると答え、38%がおそらく効果があると答えた。27%はよくわからないと答え、4%は効果が無いだろうと答えた。

仮に大麻で和らげることができるような病を患った場合、医者に大麻の処方を打診するか: 44%確実に、26%多分、17%わからない、13%いいえ

政府の取組みについて: 64%が政府は大麻の効果について予算を設け調査すべきだと回答

摂取に対しては前向きである

本調査では中高齢層ではきちんとコントロールされた環境(影響が調査された上に医者監督の元)であれば摂取に対しては前向きであると言えると思う。

以前の記事でも書いたようにアメリカにおいて連邦レベルでは大麻及び関連する精製物はスケジュールI物質の指定を受けておりそもそも研究さえ満足に出来ない状況だ。

一方で州単位で医療・娯楽目的で開放されており、その効果についても実体験から効果について注目が高まっているという事実もある。

その動きは当然国民の目にも影響があり、「連邦で違法=悪いものに違いない」という先入観は薄れている。

今後研究と同時に法制度も改正され、実態に合わせた開放が進むことを望む。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます