大麻関連企業に投資をする年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)について2ちゃんねる開設者ひろゆきが言及
大麻関連企業に投資をする年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)について2ちゃんねる開設者ひろゆきが言及

大麻関連企業に投資をする年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)について2ちゃんねる開設者ひろゆきが言及

日本最大級の匿名掲示板「2ちゃんねる」の解説者として知られ、現在はYouTuberや実業家として活動している「ひろゆき」でお馴染みの西村博之氏は、日本の公的年金資金の運用を行なっている厚生労働省所轄の独立行政法人「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が株式保有を行なっている企業について、ひろゆき氏のTwitterアカウント(@hirox246)で発言。
日本における大麻の規制と、大麻関連企業へ投資を行なうGPIFから見える日本国内の「ねじれ」について言及した。


日本国内における大麻に関する「ねじれ」

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が事務所を構える虎ノ門ヒルズ森タワー
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が事務所を構える虎ノ門ヒルズ森タワー
www.toranomonhills.com

日本では大麻の扱いに関わる法律「大麻取締法」が設けられており、大麻については厳格な規制が敷かれている。
諸外国で認可が進められている医療目的による大麻使用は日本では現在に至っても違法となっており、GPIFを管轄する厚生労働省は「大麻から製造された医薬品の施用等は、何人であっても禁止」と同省が発行しているパンフレット「【ご注意ください! 大麻栽培でまちおこし!?~大麻の正しい知識で正しい判断~】」にて説明。
このパンフレットでは、大麻を利用したまちおこしについて注意を促しており、喧伝される誘い文句のひとつ「今始めないと外国の大麻関連企業に利権を奪われる。」について疑問を投げかけている。

その一方で、GPIFは年金保険料から集められた公的年金積立金を医療大麻および嗜好用大麻製品を扱う北米の企業「キャノピー・グロース」をはじめ、医療用大麻事業を行なう「クロノス・グループ」、「オーロラ・カンナビス」の株式を保有。その額は87億円にのぼる。
「キャノピー・グロース」はTHCをも含むCBD製品の製造・販売を行なっている。日本ではTHCを含むCBD製品は違法となっており、過去に大手CBDオイルブランド「エリクシノール」がTHC混入のおそれがあるとして一時販売停止となった。
医療用大麻の解禁を待つ医療従事者や患者、解禁に向けて取り組む団体はもちろん、大麻に対してネガティブな印象を抱いている層も、間接的にこれら大麻関連企業へ投資しているという見え方になるのではないだろうか。

厚生労働省が前述のパンフレットで「今始めないと外国の大麻関連企業に利権を奪われる。」という誘い文句に疑問を投げかける一方、その所轄であるGPIFは外国の大麻関連企業に投資をするという「ねじれ」
日本が「大麻後進国」から脱するのを、切に願うばかりだ。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます