進む合法化?日本初の大麻屋外広告が表参道に設置される
進む合法化?日本初の大麻屋外広告が表参道に設置される

進む合法化?日本初の大麻屋外広告が表参道に設置される

CBDdrop

表参道に設置されている大きな広告看板。一見化粧品の広告のように見えますが、実は大きな秘密が隠されていました。
「4:20のリラックス」一体4:20は何を意味しているでしょうか。

420とは?

今回エリクシノールの広告に使われた「420」数字、一体何を意味しているでしょうか。
海外のホテルでは420号室が避けられるほど、かなり深い意味を持っている。
420とは大麻を意味するスラングである。出処には諸説あるが、420はアメリカやカナダでは普及しており毎年4月20日には大麻使用者が集う事になっているぐらいである。

CBD(カンナビスジオール)とは?

CBDoiljapan
shutterstock

CBDは大麻草から抽出されている成分である。精神活動に影響をもたらされるとされている物質THCとは異なり、精神作用の無い成分である。

世界において大麻合法化の動き

カナダでは2001から医療目的での大麻所持が合法化されており、今年10月17日には娯楽用での使用も合法化された。
大麻が世界各国で解禁され始め、合法化はトレンドになりつつあるが、日本ではまだ大麻について誤解している方が多い。
日本では大麻の所持が法律で禁じられているが、例外がある。

大麻は違法薬物?

大麻に含まれているTHC(テトラヒドロカンナビノール)成分は現時点では日本では違法薬物に該当するが、同じ大麻草から抽出されるCBD(カンナビスジオール)製品は精神作用が無いため現時点で合法的に国内で販売されています(大麻取締法の要件に従い製造されたものに限る)。

CBDとは?

CBDは、医療用大麻で最も貴重な成分の1つで、ストレスの軽減、皮膚の炎症の改善、アンチエイジングなどの効果があるとも言われている。
また、皮膚の表面に保護障壁を作り、自己修復能力を高める効果が期待できるため、湿疹および他の疾患の治療に効果があるとされており、臨床試験含めた調査・研究が進められている。

関連記事:深刻な湿疹に悩む女性にCBD Vapeが効果発揮

日本での購入方法は?

何社か海外の大手メーカーの商品は国内で売られており、好みによって選ぶことができる。
日本消費者のニーズに答えるため、最近は日本のブランドも増えてきた。日本メーカーを応援したい気持ちもあるが、海外メーカーよりは選択肢はすくない
以下おすすめなメーカーを紹介する。

Elixinol(エクシノール)

アメリカ発祥のCBDブランド。
雑誌にも掲載され、最近かなりプロモーションに力入れているブランド。
主に食べ物に加えるドロップタイプを販売していて、お茶などに入れて使用する人が多い。
エクシトール公式サイト

AlterCBD

国産のブランド、主にベイプ(Vape)タイプを販売。
蒸気化させ直接吸入するため、即効性があるとネットで話題になっている。
AlterCBD公式サイト

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます