CBDにも種類がある?「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」「アイソレート」の違いとは
CBDにも種類がある?「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」「アイソレート」の違いとは

CBDにも種類がある?「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」「アイソレート」の違いとは

広く認知されつつあるCBD。日本国内でも様々なCBD製品が販売されるようになり、CBDを日常的に取り入れられるようになった。

しかし、これからCBDを始めてみようとCBD製品を手に取ると、「CBDアイソレート」や「フルスペクトラムCBD」「ブロードスペクトラムCBD」といった表記を見て、何が違うのかと疑問を抱く方もいるだろう。そこで、いくつかあるCBDの種類解説する。

含まれる成分によって呼び方が変わる

CBDの種類による違いとは?
CBDの種類による違いとは?

CBDの種類を知るためには、CBDが含まれる大麻草特有の物質「カンナビノイド」について知る必要がある。

大麻草にはCBD以外に100種類以上の成分があり、そのうち大麻草特有の成分を総称して「カンナビノイド」と呼ぶ。CBD以外のカンナビノイドとしてカンナビクロメン(CBC)、カンナビディバリン(CBDV)、カンナビエルソイン(CBE)、カンナビゲロール(CBG)、カンナビノール(CBN)などがあり、精神作用や依存性をもたらすテトラヒドロカンナビノール(THC)もその中のひとつだ。抽出方法製造方法の違いによってこれらのカンナビノイドのうち、不要な成分が除去されて最終的にCBD製品となる。

「アイソレート」、「フルスペクトラム」、「ブロードスペクトラム」はそれらカンナビノイドのうち、どの程度の成分が除去されたかが変わってくる。具体的な違いを見てみよう。

CBDアイソレート

アイソレート(Isolate)とは英語で「分離」などを意味し、CBD製品におけるアイソレートはカンナビノイドのうち、ストレスの緩和や抗炎症作用などを有するCBDのみを抽出した、極めて純度の高いCBDであることを意味する。

ほとんどの場合は無味無臭で汎用性が高い。食品や飲料に添加したりそのまま摂取するなど使い勝手に優れている。また、後述する他の種類と比較して安価となっているほか、THCが含まれているおそれがないため安心して気軽に使用できるといったメリットもある。

一方、CBDは大麻草に含まれるその他のカンナビノイドや「テルペン」といった成分と一緒に摂取することで相互に作用しあい、より高い効果を得ることができる。これは「アントラージュ効果」と呼ばれる。CBDアイソレートはCBDの効果のみを期待している場合は問題ないものの、アントラージュ効果は得られない。

CHILLAXY CBDアイソレートパウダー 2g (CBD 99%)」のようにCBDパウダーとして販売されていることが多い。そのまま経口摂取したり、Vapeのリキッドに混ぜたり、その他のCBD製品と一緒に摂取してCBDの効果を強化するなどの使い方が可能だ。

CBDアイソレートのポイント

  • 純粋にCBDのみを摂取できる
  • 無味無臭
  • CBDに耐性がついてしまうことがある

フルスペクトラムCBD

英語で「全範囲」を意味するフルスペクトラム(Full Spectrum)とは、CBD製品においては大麻草に含まれるカンナビノイドやその他の成分をすべて含んだものを表す。CBDには、大麻草に含まれるその他の成分と一緒に摂取するとより高い効果を得ることが可能な「アントラージュ効果」と呼ばれる作用があり、フルスペクトラムCBDではその効果によってCBDアイソレートよりも強くCBDの恩恵を受けることができる。

また、CBDアイソレートによるCBDの単一摂取は体にCBDの耐性がつく場合があり、次第にCBDの効果が弱まってくるおそれがあるが、フルスペクトラムCBDではCBDの耐性がつきにくく、長期間に亘ってCBDの効果を感じることができるとされている。

メリットが多いフルスペクトラムCBDだが、大麻草の成分すべてを含むためTHCも含まれている。日本で発売されているフルスペクトラムCBDを使用した製品は、大麻取締法の要件に沿ってTHCを除去した製品である必要があるが、日本国外では一般的にはTHCを含んだ製品を差す呼称のため購入時には十分な注意が必要である。

以前味や効果をレビューをしたプラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」もフルスペクトラムCBDを使用を謳っている製品のひとつ。大麻特有の苦みがあるものの、効果についてはしっかりと体感できた。

フルスペクトラムCBDのポイント

  • 大麻草の成分をそのまま摂取できる
  • CBDアイソレートよりも効果を得やすい
  • THCを摂取してしまう危険性がある

ブロードスペクトラムCBD

ブロードスペクトラム(Broad Spectrum)とは英語で「広範囲」を意味する。CBD製品においては、CBDアイソレートに大麻草から抽出されるその他の成分を追加したものブロードスペクトラムCBDと呼ぶ。ここで追加される成分にTHCは含まれない

CBDアイソレートでは、CBDと他の成分による相互作用による「アントラージュ効果」を得られないが、ブロードスペクトラムCBDではそれを得ることができるため、CBDアイソレートよりも高い効果が期待できる。フルスペクトラムCBDと違いTHCが含まれていないため、高い効果を持つ合法のCBD製品として、安心して楽しむことが可能だ。

日本でフルスペクトラムCBDを使用していると謳い販売されているCBD製品は、大麻取締法の要件を満たすためTHCが除去されているため厳密にはブロードスペクトラムCBDであるとも言える場合がある。しかし、中にはTHCを含有する悪質な製品も存在するため、フルスペクトラムCBDと表記されているCBDを購入する際は信頼できるメーカーであることを確認しよう。

ブロードスペクトラムCBDを使用している製品としては、日本発のCBDブランド「smile CBD VAPE PEN」などがある。VAPEタイプの「smile CBD VAPE PEN」は使い切りではなく、交換用のカートリッジも別途販売されている。

ブロードスペクトラムCBDのポイント

  • より高いCBDの効果を得られる
  • THCが含まれていないため合法
  • 製品の種類は比較的少ない

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます