ここ1年で大きく変わったイギリスのCBD事情
ここ1年で大きく変わったイギリスのCBD事情

ここ1年で大きく変わったイギリスのCBD事情

アメリカのCBD及び大麻事情については本サイトでも触れているし、巷にもたくさん情報がある。今回はイギリスの事情にスポットライトをあててみる。

というのもUKではCBDについてはここ1年で大きく変革を遂げたのである。2016年の10月にイギリスのMHRA(Medicines & Healthcare products Regulatory Agency:医薬品・医療製品規制庁)の広報担当者が以下のように発言したことが発端だ。

安全・品質・効能の面で基準をクリアする必要がある

「医療目的でCBDを含んだ商品は医薬品であるという意見に達した。医薬品は特例をのぞき、イギリスで合法に販売・供給・宣伝するためには認可が必要だ。

認可された医薬品は健康への悪影響から守るために、安全・品質・効能の面で基準をクリアする必要がある」
「イギリスのCBDを取り扱う業者に対して我々の見解を文書で提示した。認可が欲しい企業に対しては法規制観点でのガイダンスを提供することができる。」

イギリスのCBD

MHRA曰く今回の動きの一番の目的は患者の保護であり、安心して認可された商品を摂取できるように、とのことだ。

一方でこれに対する懸念の声もある。

認可を得るためのハードルは高く(申請に10万ポンド以上かかり、さらに臨床結果の提出などが求められる)、供給不足になるのではないかという声もある。また、多くのユーザーはそもそも規制の網にひっかかりにくいネット業者から購入しており、規制自体が形骸化し、ユーザーに正しい情報が伝わらずに品質がバラバラなものが出回るのではないかという懸念もある。

一方でこのような動きがでた意味合いは大きい。

米国では州単位での合法化は進んでいるものの、連邦レベルでは未だに危険物質としての分類を変更するのに慎重である。

それに先んじてイギリスは薬効を認め、CBD製品を「医薬品」として認めた。

では実際に一連の動きによって市場はどう変化したのか。

上記の医薬品指定を受けてから1年後、CBD関連商品の売上はうなぎのぼりになっているのである。 Cannabis Trades Association UKの調査によればここ1年でCBDユーザーは12.5万人から25万人に倍増している。

特にこの領域で大きく伸ばしたのは健康関連商品に特化した小売チェーンのHolland and Barrettであり、CBDオイルの商品を大量に在庫したところ、担当者によれば「CBDオイルの販売を開始してから、その人気と成功に非常に驚いている」とのコメントを発している。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます