「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」の食べ比べ
「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」の食べ比べ

「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」の食べ比べ

アメリカやヨーロッパで盛り上がりを見せ、日本の店舗でも見かけるようになったCBD製品。多くはVAPEといった電子タバコの製品が販売されているが、キャンディグミなどのCBD食品も販売されている。

気化した蒸気を吸うことで肺からCBDを摂取できるVAPEタイプだが、喫煙者の減少や禁煙スペースの拡大など、昨今の事情からはなかなかハードルが高いだろう。仕事中の間食などで気軽に食べることができるCBDチョコなどの菓子タイプは、そうしたニーズにあわせた最適なCBD製品と言える。

そこで、CBDが含まれたグミ、日本協和株式会社が販売する「CBDグミ」と株式会社GREEN RUSH BY WEEDが販売する「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」を入手し、効果や味の確認を行なった。

いちご味で食べやすい「CBDグミ」

CBDグミ
CBDグミ
CBD Catch

日本協和株式会社が販売する「CBDグミ」は、いちご濃縮果汁が使われたいちご味のCBDグミとなっている。1,980円で購入した。

パッケージには「99.9%ナチュラル高濃度CBD使用」と表示されており、パッケージには「国産」と表示されている。CBD含有量は1粒あたり20mg

100gあたりの栄養成分表示は以下の通り。
()内に1袋内容量32gに即した数値を記載した。

  • エネルギー:337kcal (約108kcal)
  • たんぱく質:6.4g (約2.1g)
  • 脂質:0.1g (約0g)
  • 炭水化物:77.6g (約25g)
  • 食塩相当量:0.0g (約0g)
CBDグミ
CBDグミ
CBD Catch

1袋には8粒のグミが入っている。赤いグミはクマのぬいぐるみの形となっており、子供向け菓子のような見た目だ。

いちごの香りが強く、味も一般的ないちご味のグミに近いものがあり、CBD製品特有の苦みはほぼ感じない。CBD食品の味や匂いに抵抗があるという人でも食べやすいグミとなっているのではないだろうか。

食後のCBDの効能については、体調による差異はあると思われるが筆者は目立つ効果を体感できなかった

なお、この「CBDグミ」は製品の公式サイトが存在しない。

効果を体感しやすい「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」

プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg
プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg
CBD Catch

株式会社GREEN RUSH BY WEEDが販売する「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」は、フルスペクトラムCBDが使われたCBDグミだ。5,000円で購入した。

「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」は商品の公式サイトによると、前述の「CBDグミ」と同じく1粒にCBDが20mg含まれているとされている。ただし、「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」はフルスペクトラムCBDが原材料に使われており、アントラージュ効果を得ることが期待できる。
なお、プラスウィードの公式通販サイトでは「当店の製品にはTHCは含みません。」と記載があるため、THCは除去されているものと思われる。

50粒入りとなっており、1箱で1000mgのCBDが摂取可能。ただし、含有成分量は850mg~1150mgになることがあると但し書きがされている。

「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」の100gあたりの栄養成分表示は以下の通り。
()内に1袋内容量200gに即した数値を記載した。

  • エネルギー:342kcal (約684kcal)
  • たんぱく質:7.8g (約15.6g)
  • 脂質:2.2g (約4.4g)
  • 炭水化物:72.7g (145.4g)
  • 食塩相当量:0.0g (約0g)
「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」
「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」
CBD Catch

「+」「W」「E」「D」の文字や、大麻の葉をかたどった緑色のグミとなっている。見た目には食欲をそそられない。

CBD特有の香りが強く、口に含むとその香りはさらに強くなった。また、柑橘類の皮を噛んだときのような苦みも感じる。一口目には若干の甘みを感じるが、その後はほのかな苦みが続いた。もちもちとした固めのグミで歯切れは良い。

1粒を摂取した後、しばらくするとCBDのリラックス効果を体感できた。効果がしっかりと出たため前述の「CBDグミ」よりも良い印象を抱いた。

CBD食品も千差万別

「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」
「CBDグミ」と「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」
CBD Catch

「CBDグミ」も「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」も、CBDが20mg配合されたグミであったが、その効果には大きな差があったように感じる。

味や食べやすさで選ぶのであれば「CBDグミ」に軍配が上がるものの、「プラスウィードグミ CBDフルスペクトラム1000mg」はCBDの効果をしっかりと体感できる。
初めて食べるときは抵抗があるかもしれないが、継続的な摂取によって慣れていくのではないだろうか。味の良さと効果を両立したCBD食品の普及に、今後注目していきたい。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます