米国:BIG3スポーツ団体がCBD使用を認める
米国:BIG3スポーツ団体がCBD使用を認める

米国:BIG3スポーツ団体がCBD使用を認める

アメリカのBIG3スポーツ団体(3対3のバスケットボール競技団体)は7月にCBDの使用を認める発表を行った。プロスポーツリーグの中では、初めてCBDの使用を正式に認めた形になる。CBDは精神作用がなく、体の痛みや炎症を抑えるために使う人が多い。

CBDを規制対象からが除外している

大学のスポーツやプロスポーツにおけるCBD利用は、こる使用が近づいて、CBDの有望な将来が築かれる。2017年に、世界アンチドーピング機構(WADA)は「2018年禁止表国際基準」からCBDを規制対象からが除外している。WADAは国際委員会であって、世界のスポーツ庁と政府官庁で構成されている。

「カナダやイスラエルを含めて、十数か国が一般消費者やプロスポーツ選手向けのCBDの利用を認めている」とBIG3は発言している。ひとつの大きな理由は、強い中毒性のあるオピオイドや鎮痛剤より、自然薬品のほうが副作用が少なく、人体への負担が少ないことにある。

治療のためにCBDを利用する

治療のために、多くのアメフト選手や総合格闘家がCBDを利用しており、ネイト・ディアスのように公言する人も出てきている。

こういった体や脳に深刻な負担を課すスポーツ(アメフト、ホッケー等)の世界では、自然由来の製品や自然治療に対する意識が高まりつつある。合成オピオイドが効かなくなってきている(加えて習慣性が強い)場合、CBDの利用に切り替える人が増えている。

CBD製品を自ら開発・販売し、BIG3の副キャプテンであるアル・ハリントンはNBA(全米バスケットボール協会)で16年間プレイしたベテランであり、CBDを使った治療の提唱者の一人である。CBDの使用が炎症を抑えるのに非常に効果があったと話し、この自然薬品の効果を体感した人の一人である。

スポーツ業界におけるCBDの効果の調査はまだまだ途上にある。

しかしながら、CBDの利用者の増加やWADAの規制物質から除外されたおかげで、今後スポーツ選手のみならず一般消費者にCBDがどういう効果をもたらすかという研究はますますさかんになるであろう。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます