ベイプ(Vape)の市場成長とCBDの利用増加の深い関係
ベイプ(Vape)の市場成長とCBDの利用増加の深い関係

ベイプ(Vape)の市場成長とCBDの利用増加の深い関係

ECigIntelligenceの調査により、米国のベイプ(吸入)の市場成長と現在のCBD利用増加は深くつながっていることがわかった。

CBDの主な摂取方法

CBDには主に3つの摂取方法がある。具体的には、局所適用(クリーム、シャンプー等)、経口摂取(グミ、オイル等)、とCBDVapeリキッド吸入の3つである。この3つの摂取方法の中で、効率が最も高い方法は吸入だとされている。また、経口摂取が苦手な方やCBDオイルが口に合わない方には、吸入によるCBD摂取が勧められている。

なぜ吸入は効率が高いか

経口摂取(グミ、オイル等)でCBDを摂取する場合、実際は摂取したCBDの約15%しか体に吸収されない。したがって、経口で100mgのCBDを摂取しても、実際は15mg程度しか吸収されない事になります。これは初回通過効果と呼ばれるものによるもので、摂取された成分が全身に送られる際に肝臓などで代謝される過程をさす。
一方で、CBDVapeリキッドでCBDを摂取する場合、肺から体に吸収されるCBDの量が約50%から約60%に高まる。これは消化器官を経由せずに肺から直接血液に吸収されるからです。

それに加え、CBDオイルを吸入する場合、体に吸収されるまでにかかる時間も短くなり、他の摂取方法より30分から60分早く吸収されると言われている。これはつまり、より短い期間で効果を実感することができるため、摂取量を調整しやすい。

上記の性質があるため、Vapeリキッド(電子タバコリキッド)の市場成長がCBDの利用増加につながっていると考えられている。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます